アクアリウムのおすすめグッズはこちら!

【初心者でも】変えれないユーザー名(admin)を変更する方法

adminを変更する

初心者の僕でもログインユーザー名(admin)を変更できましたので記事として残しておきます。

wordpressをデフォルトのままインストールすると、ユーザー名がデフォルトの「admin」になります。

スマホのパスワードでいうと「0000」みないな状態です。

このままにしておくと、悪意のあるユーザーに不正ログインされて、大事な資産であるブログを失ってしまうかもしれません。

「admin」からオリジナルのユーザー名に変更しましょう。

ユーザー名を変更する方法

インストール時に設定したユーザー名は変更できません。

画面上ではこんな風に表示されています。

adminの変更不可

なので、新しいユーザーを作成し、adminを削除してユーザー名の変更とします。

ユーザーの新規追加

まずは「admin」の代わりとなるユーザーを登録します。

WordPressのメニューから「ユーザー」の「新規追加」を選択し、必要項目を入力してください。

この時、「権限グループ」に「管理者」を設定してください。

入力が終われば「新規ユーザーを追加」で登録が完了します。

ユーザーの新規追加

メールアドレスが重複すると登録できません。

ブログを運営し始めてから変更する場合になると思いますが、「admin」と同じメールアドレスを設定するとエラーとなります。

既に「admin」にメールアドレスにアイコンなどを設定している場合は、「admin」のメールアドレスを一旦変更してから、再度登録しましょう。

ログインユーザーのアドレスの重複

「admin」の削除

次に「admin」の削除を行います。

まずは一度ログアウトしてから、先ほど作成したユーザーでログインします。

WordPressのメニューから「ユーザー」の「ユーザー一覧」を選択し、「admin」を削除します。

ユーザーの削除を選択

投稿の引き継ぎのオプションが表示されますので、「すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする」を選択してください。

ユーザー削除のオプション

絶対にこれを選択してください。

もう一度言いますが、削除する時には必ず「すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする」を選択してください。

でないと、これまで「admin」で投稿した記事が全て消えてしまいます。

以上で、ユーザー名(admin)の変更が完了です。

まとめ

ブログをはじめたばかりの人は、セキュリティに気が回らないと思いますが、せっかく苦労して書いた記事(資産)を失くさないように、少しづつ意識を高めていきましょう。

ブログのセキュリティ対策

ブログのセキュリティ対策に関連する記事をまとめています。

あわせて読んでおくのがおすすめです。

【Edit Author Slug】ユーザー名の漏洩を防ぐプラグインの設定【初心者向け】

Twitterをサイドバーに埋め込んでリアルタイムに表示する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です