アクアリウムのおすすめグッズはこちら!

【アンビリーバブル】安くて気泡も良いおすすめCO2ディフューザー

CO2ディフィーザーはアンビリーバブルがおすすめ!

アクアリウムのCO2ディフィーザーには安くて、細かい気泡が出せるアンビリーバブルがおすすめです!

CO2ディフィーザーの購入で迷っているなら、ぜひアンビリーバブルを試してみてください。

思ってた以上に綺麗な泡が出て大満足!

特に、CO2の添加をこれから始めるという人は、安くて壊れにくく手に入れやすいアンビリーバブルCO2を試してみてはいかがでしょうか。

今すぐチェック!

アンビリーバブルがおすすめ

「アンビリーバブル」を実際に使ってみた感想からおすすめとなった理由を紹介します。

「アンビリーバブル」には、CO2添加用とエアレーション用の2種類があります。(それぞれに、形状がU型のタイプとLタイプがあります。)

アンビリーバブルは2種類

  • アンビリーバブルCO2(CO2添加用)
  • アンビリーバブルAIR(エアレーション用)

今回紹介しているのは、CO2添加用のU型のタイプです。購入する場合には、間違わない様に注意しておきましょう。

アンビリーバブルのパッケージ

アンビリーバブルの気泡

実際に「アンビリーバブル」を使用してみると、低価格とは思えないほど綺麗な気泡が発生します。

かなり細かい気泡が発生するので、浮力が少ないため、水槽内をゆらゆら漂い溶けていきます。

ブワーと言うより、シュワーという感じです。伝わりますかね。
アンビリーバブルの気泡

これだけ細かい気泡が発生させることができれば、添加効率もかなり高いと思います。

アンビリーバブルの価格

アンビリーバブルの価格はこの投稿の時点で、1つ680円~800円程度です。

ほかのディフィーザーと比べると半額以下で購入することができますね。

購入ページによっては、2個セットで購入しなければいけない場合がありますが、予備として持っておいても良いくらいコスパが良い商品です。

初めてCO2機器を購入する場合などは、まずは安い方が安心して購入できる上、慣れてから高級なディフューザーに切り替るとしても損が少なく済みます。

アンビリーバブルは壊れにくい

「アンビリーバブル」はガラス製品ではありません。

その分、衝撃が加わっても割れることがほとんどなく、設置やメンテナンスがとても楽です。

ガラス製品じゃないとダメだという方にはおすすめできませんが、ガラスより透明じゃないかと感じるほど綺麗に作られています。

落としたり、ぶつけたりなど、かなり乱暴に扱ってもビクともしません。

アンビリーバブルの注意点

アンビリーバブルを使う上で感じた注意点を記載しておきます。

エアチューブとしっかり接続する

アンビリーバブルのエアチューブとの接続部分を見てもらうとわかるのですが、エアチューブ留めのでっぱりがありません。

なので、他のCO2ディフィーザーと比べて、深めにエアチューブを接続しなければ、CO2が少しずつ漏れてしまうので注意しましょう。

エアチューブが古いのか?など、なんで漏れるのか試行錯誤した末、エアチューブを深く接続することで解決できました。

最後に

使ってみたら本当におすすめになったCO2ディフィーザーの「アンビリーバブルCO2」。

何といっても、気泡の細かさが素晴らしい!

特にこれからCO2の添加を始めようと思っている人は、まずは、「アンビリーバブルCO2」から初めてみてみるのがおすすめです。

いやぁ、これはほんとにおすすめです!コスパが最高。
チャーム本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です