アクアリウムのおすすめグッズはこちら!

松ヤニが手についた時の落とし方|石鹸ではダメ?

手についた松ヤニの落とし方

一般の方は松に触る機会なんてほとんどないとは思いますが、花屋にとっては身近な存在です。

そんな松を素手で触っているとすぐ付く癖に全然取れない松ヤニ。

放っておくとどんどんカピカピになってきていた痛かったりしますよね。

そんな松ヤニを簡単に落とす方法を紹介します。

初めは石鹸で洗っても取れないので、「え、松ヤニって石鹸じゃ取れへんの・・・?」と嘆いていました。

手についた松ヤニを簡単に落とす方法

水で洗い流したり石鹸で洗ってもほとんど落ちてくれない松ヤニですが、実はアルコールや酢酸をかけると溶けていくんです。

この特徴を活用して、手についた松ヤニを落としていくのが良いでしょう。

個人的なおすすめの落とし方を紹介しますので、参考にしてみてください。

手に松ヤニが付いている

おすすめの溶かし方

それぞれ落ちやすさと手軽さからおすすめTOP3を紹介していきます。

個人的な感想なのであくまで参考にでもしてください。

3位:消毒用のアルコールで溶かす

消毒用のアルコールを用いて松ヤニを溶かしましょう。

洗面所に置いてある家庭なら手軽に使えるかもしれないので、とりあえず消毒用のアルコールで溶かしてみるのもいいかもしれません。

2位:お酢で溶かす

家庭に必ずあると思われるお酢で、松ヤニを溶かしましょう。

キッチンからお酢を持ち出さないといけないところと臭いがネックです。

1位:クレンジングオイルで溶かす

1番のおすすめはクレンジングオイルです。

もともと「落とす」ために作れれているだけあり、最も効果を実感することができます。

女性の方にとってはもっともお手軽な方法かなと思います。

松ヤニの落とし方

それぞれたっぷりと手に付けて松ヤニが付着している部分をマッサージする感じで溶かしていきましょう。

松ヤニが溶けた後は、石鹸を使いしっかりと手を洗い流せば終わりです。

たったこれだけで、松ヤニの煩わしさから解放されるので、覚えておいてそんはありません!

(松ヤニが付くことなんてそうそうないと思いますが。)

最後に

松ヤニが手についた時のおすすめの落とし方を紹介しました。

普段の生活ではあまり松ヤニがつくことなんてないと思うので、そうそう使う機会はないかもしれませんが、松ヤニがついて時はこの方法で松ヤニを落としてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です