アクアリウムのおすすめグッズはこちら!

転職を考えた時にこそ業務改善を|キャリアアップを考えるなら

転職を考えたときこそ業務改善を

転職を考えたときにこそ業務改善を行ってほしい。

特に転職の面接で何を言えばいいのかわからない人や、会社が嫌になって辞める人。

本記事は、転職を考えているが、「どのように頑張ってきたか」の問いに答えられない人や「自分のアピールポイント」がわからないという人に向けて書いていきます。

今の会社で一切頑張る気がない人は、あまり参考にならないと思います。次の職場で心機一転頑張りましょう。

本記事の内容を簡単に言えば、「頑張ったこと」「アピールポイント」が無いなら自分のスキルアップと一緒に作ればいいという話です。

その過程で今までと違った色々な体験、学びを得ることができるはずです。

なぜ辞める前なのか

なぜ転職を考えたタイミングで業務改善をおすすめするのか、その理由について説明していきます。

どうしても精神的や肉体的に限界という場合はもちろんこの場合ではありません。

しかし、転職を考えているからこそ自分のビジネススキルの向上を目指して、また、面接で堂々とこれまでの業務内容を答えられるように、あと一つだけ頑張ってみてはいかがでしょうか。

仕事や会社について詳しい

入社後すぐに転職する場合を除いて、転職を考えているということは、その会社の仕事の内容や方針、人間関係や待遇面など、一通り経験し十分に会社のことを分かっている状態だと思います。

今の仕事に飽きた人や、毎日同じ仕事の繰り返しが嫌になった人は特に、会社全体を知っているのだからこそ、業務改善という新しい仕事に自ら取り組むことができるはずです。

辞める前の人が最も会社の改善点がはっきりわかっているのです

転職理由がなくなる・はっきりする

まだ転職を考えているだけの場合は、もし改善できれば働きやすくなり、そもそも転職を考えていた理由がなくなるかもしれません。(根本的にその業界を離れたい場合などは別ですが。)

結果を評価されないことが理由で転職を考えているなら、今一度客観的に見てわかる結果を提示し、これでも評価されないのならと区切りにもなるでしょう。

人間関係がこじれたら辞めれる

好ましくないことですが、行動を起こすと反感をかう可能性もあります。

転職を考えているからこそできる最終手段です。

もし業務改善に取り組んで、周りとの人間関係がこじれてしまった場合には、転職に踏み切ることができます。

業務改善をするメリット

業務改善を進んで行うことによって、今後のビジネスシーンで活きてくるスキルが身に付きます。

定量的に、具体的に考える癖を身につける

本記事の対象となる人は、理論的に考えるのを苦手としている人が多いはずです。

業務改善を行う前には内容を具体的にし、改善できたかどうかの客観的に判断できる基準を設けないといけません。

理論的に考える基礎となる定量的に、具体的に考える癖を身につけるいい機会になるはずです。

「定量的に考える」とは

定量的に考えるとは、例をあげると「ミスをなくす」ではなく「1日に平均的に発生しているミス10件を、1日平均で2件以下にする」など、具体的に「量れる」単位を用いて考えることです。

この癖をつけることで仕事がグッと効率的に進めることができるようになります。

面接でネタにできる貴重な体験

これまでに凄いこと、例えば会社を立ち上げて10億で売却したなど、そーいったことではないんです。

面接では漠然と仕事頑張りましたではなく、ここが問題点であると考えてこのように改善しようとしてこういう方法をとりどのような結果などの具体的な話が効果的です。

失敗談でもいいでしょう。

次の転職先も完璧な職場ではありません。どんな会社にもかならず問題点はあります。

現状の問題点を見つけ改善できる(しようとする)人物」を会社は求めています。

どんなことでも構いません、あなたか改善すべきだと思うことを見つけ、行動することが大事なのです。

業務改善に成功すれば成功談として話せばいいでしょう。

業務改善に失敗したら他の改善点に取り組むか、むしろ失敗談として話すのもいいでしょう。この失敗からどのようなことを学び次に活かすかを考えましょう。

面接のネタとしてだけではなく色々なことが学べるはずです、人に物事を伝えるにはどうしたらいいか、やる気になってもらうにはどうするか、人を巻き込む難しさなどを感じましょう。

業務改善って何をすればいいの?

業務改善というと難しく聞こえますが、難しく考えないで欲しいんです。

今働いている職場は100%完璧ないい職場ですか?そんなことはありません。

改善する内容は「あなたが感じる嫌なこと」「普段から面倒だと思っていること」など、転職を考えるきっかけになったことや小さなことでいいんです。

改善案の例

それでもいまいちピンとこない人向けに、こんな業務改善案があると例を挙げておきます。

もちろん、この例がすべてではありません。

自分で思いつく簡単なことからでいいんです。

自分で思いつく内容だからこそ、実際に改善を行いやすいと思います。

  • 挨拶の徹底で社内の雰囲気を明るく
  • 社内での商品の呼び名を統一して認識違いをなくす
  • 考える必要がない面倒な作業を効率化する(自動化)
  • 無駄な資料の行程をなくす
  • 作業品質確保のためマニュアルを作る

まとめ

できれば「立つ鳥跡を濁さず」ではなく、「立つ鳥跡を美しく」です。

この記事を読んで少しでもなるほどなと感じれた人は、是非実践してみてください。

自分のために会社を有意義に活用しましょう。

面接では笑って

勝手な持論になりますが、面接ではピシッと真面目な顔をしているより笑顔でいるのをおすすめしてます。(へらへらするのとは違います。)

僕自身が明るい職場が好きだというのが大きいですが、「どんな人と一緒に働きたいですか?」と聞かれた時に想像する人は、笑顔の人ではないでしょうか。

※ 実践したせいで落ちたなどの責任は一切とれませんのであしからず。

転職サイト

辞める前に、まずは転職サイトで希望の職場があるか確認しておきましょう。

▼ 女性専用の転職サイトはこちら ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です