アクアリウムのおすすめグッズはこちら!

【水作 水心SSPP-3S レビュー】静かで吐出量を調節できるエアーポンプ

水作 水心SSPP-3Sが静かでおすすめ

エアーポンプの振動音がうるさいなら、「水作 水心SSPP-3S」がおすすめです!

以前から使用していた、GEXのe-AIR 1500SBから水作の水心SSPP-3Sに変えたら、かなり振動音が抑えられました。

購入前は、「言ってもエアーポンプだからそこそこ煩いかな・・」と思っていましたが、わずかな値段の差でここまで聞こえないとは驚きました。

水槽が寝室にあるから振動音の静けさは死活問題なので、静かなのは嬉しい!

水作とGEX

エアーポンプなら水心 SSPP-3Sがおすすめ

水心 SSPP-3Sは静かな上、ダイヤル式でエアーの吐出量を自由に調節することができるので、アクアリストから人気のエアーポンプです。

水心 SSPP-3Sのスペック

吐出量(解放) 最大2,500cc / 分
吐出量(水深25cm) 最大1,500cc / 分
適合水槽サイズ 30cm~60cm
消費電力 2.8w / 2.3w(50Hz / 60hz)
吐出量調節方法 ダイヤル調節式

公式水心シリーズ商品ページ

水心には吐出量の違う3種類があり、

  • 水心SSPP-2S
  • 水心SSPP-3S
  • 水心SSPP-7S

水心SSPP-2Sは60cm~120cm、水心SSPP-7Sは30cm~45cm水槽用となっています。

また、水心SSPP-7Sはダイヤル調節式ではないので、注意しましょう。

水心の良いところはやっぱり、ダイヤルで吐出量を調節できるところ!

水心 SSPP-3Sのポイント

水心 SSPP-3Sの最大のポイントは、根本的な振動音の減少とこの振動吸収脚ゴムです!

水心 SSPP-3Sの足

ムニムニのゴムで足が作られており、他のエアーポンプよりも設置面への振動が伝わりにくくするのに効果的です。

実際にこれまでのエアーポンプを使っていると、設置部分と共鳴して、より煩くなることが結構あったので、これは結構大きなポイントだと感じました。

SSPP-3Sを使ってみた感想

実際に3つの水槽へ1つのSSPP-3Sからのエアーを分岐させて使っていますが、

振動音はほとんど気にならないレベルで、十分な強さのエアレーションできています。 (ダイヤルもほとんど最小の状態)

ただし、エアレーションの泡のはじける音は変わらずありますので、そちらの方は変わらず煩いままです。

それでもかなり煩さは軽減されています!

水心 SSPP-3Sの振動音を更に小さくするために

更に水心 SSPP-3Sの振動音を小さくするためのポイントを紹介します。

スポンジの上に乗せる

水心 SSPP-3Sはそのままでも振動音が小さいですが、更に静かにするべくスポンジの上に乗せています。

水心をスポンジの上に乗せる

なんとなく更に振動音が小さくなった気がします!

完全に個人的な主観なので、参考程度でお試しください。

吐出量をきちんと調節する

水心SSPP-3Sはダイヤル調節式です。

吐出量を最大にしていると、さすがに大きな振動音がしてしまいます。

吐出量の調節ダイヤルを最小から少しひねるだけで、60cm水槽のエアレーション分くらいは十分にまかなえると思います。

まとめ

振動音が小さくて、アクアリストから人気の高い水心SSPP-3Sを紹介しました。

僕のように近くのホームセンターでとりあえずエアーポンプを購入して、煩いなと感じている人には、この「水作 水心SSPP-3S」がおすすめです!

振動音って結構ストレスになるので、この価格で少しでも抑えられるのは、価値があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です