アクアリウムのおすすめグッズはこちら!

有機肥料と化学肥料の違いと特徴を分かりやすく解説

有機肥料と化学肥料の違いと特徴

肥料は大きく分けて有機肥料と化学肥料に分類されますが、有機肥料や化学肥料なんて言われても普通ピンとこないですよね。

今回はその2つの肥料の違いと特徴をできるだけ分かりやすく説明したいと思います。

有機とか化学っぽいことを言われると急に難しく感じますよね。

有機肥料と化学肥料の違い

まずは有機肥料と化学肥料の違いを簡単に説明します。

有機肥料は自然界でも肥料となっているものと同じもので、化学肥料は自然界には存在しないものを化学的に生成したものです。

人の物に例えていうと、有機肥料は食卓に並ぶお肉やサラダなどの一般的な食品で、化学肥料はサプリメントや点滴などの人工的に作られた栄養剤のようなものでしょうか。

どちらが良いということではなく、それぞれを用いるに適した場面があります。

では、それぞれについてもう少し詳しく見ていきます。

有機肥料とは

有機肥料とは、その名の通り、有機物を原料にした肥料です。

そもそも有機物って?
炭水化物やタンパク質、脂肪などのように生き物の体内でつくり出される物質です。つまり自然界にもある肥料のことで、生き物の死骸や糞などが分かりやすいですね。

ちなみに「オーガニック」と「有機」は同じ意味合いです。

有機肥料の特徴

落ち葉が微生物に分解されて植物の栄養となるように、有機肥料は、ゆっくりと肥料としての効果を発揮します。(緩効性)

化学肥料に比べると優しい肥料と言えるでしょう。

有機肥料は、アミノ酸や微量元素などの自然由来の成分を持ち、土壌の生物や微生物の餌として分解されることで効果を発揮するという自然なサイクルで、自然本来の豊かな土壌を作ることができます。

有機肥料が分解された結果、土壌中に団粒構造を形成します

そのため、保水性を保ちつつ排水性を高め、通気性が良くなるので、植物にとって快適な土壌(豊な土壌)になります。

団粒構造とは
微生物から排出されるフンや分泌液が、分解された有機物などとくっつき団子状になった土のことです。この団子状になった土にはたくさんの細い隙間があり、土壌の保水性を保ちつつ排水性を高め、通気性を良くします。

ただし、微生物が住み着いていない更の土地などでは、微生物が繁殖するまで、あまり効果は期待できません。

有機肥料のメリット

  • ゆっくりと肥料としての効果を発揮する(緩効性)
  • 自然本来の豊な土壌へと改善が期待できる。

有機肥料のデメリット

  • すぐに肥料としての効果が発揮されるわけではない。
  • 分解時に発生するガスで根を傷める可能性がある。

有機肥料の種類

代表的な有機肥料についてまとめました。

養分の話が出てくるので少し難しくなってしまいますが、名前を見ただけでなんとなくどんな肥料か分かるものも多いですね。

三要素
植物の三要素である「窒素」「リン酸」「カリウム」はそれぞれ葉(窒素)花・果(リン酸)根(カリウム)」に作用するとても大切な要素です。

油粕

菜種や大豆などから油を搾った後の搾りかすのこと。窒素を含む代表的な有機肥料です。微生物に分解されるのに時間がかかり、発酵ガスで根を傷めることもあるので、少し注意が必要です。

鶏糞

ニワトリの糞を乾燥・発酵させた物で、三要素をバランスよく含み、マグネシウムやカルシウムも含んでいます。土壌をアルカリ性に傾けるので酸性を好む植物への肥料としては向いていません。即効性があり、比較的低価格で購入できます。

魚粉

魚を煮込んで余分な水分と油を取り除いた後、乾燥させて粉砕したものです。窒素とリン酸が多くアミノ酸も多いので、食用植物の味を良くする効果があります。有機肥料の中でも得に即効性が高いため、追肥としてよく使われます。

骨粉

豚や鶏などの骨を乾燥させた後に細かく砕いた物です。リン酸を多く含んでいます。ゆっくりと長い期間をかけて効果を発揮します。

米ぬか

三要素(特にリン酸を多く含む)に加え、ミネラルやたんぱく質などを含んでいるため微生物を活性化させます。発酵促進剤としても用いられます。

草木灰

落ち葉や枯れ草などの草木を燃やしてできたものです。カリウムや石灰、リン酸を多く含んでいるので、土壌をアルカリ性に傾けるために使用されます。

有機石灰

カキ殻、貝殻などの有機物を焼成し粉砕してできたものです。カルシウムなどを多く含み、土壌をアルカリ性に傾ける効果があります。

化学肥料とは

化学肥料とは、有機物以外の鉱物やガスなど(無機物)を原料として、化学合成して作られた肥料のことです。

化学肥料の特徴

化学肥料は製品によって養分の含有量が決まっていて肥料成分の割合が高いです。

必要な時に必要な分だけを与えることができるので、初心者にも扱いやすい肥料です。

化学肥料に様々な種類があり、施肥後すぐに効果が現れる「即効性肥料」や、施肥後の効果がゆっくり現れる「緩効性肥料」。

また、三要素の「窒素」「リン」「カリウム」のうち、1つの要素のみを含むものを「単肥」、2つ以上の要素を含むものを「複合肥料」と言います。

化学肥料のメリット

  • バリエーションが豊富なので様々な用途によって使い分けられる。
  • 特定の養分のみを追加することができる。
  • 肥料成分の割合が高いため、少量の施肥で済む。

化学肥料のデメリット

  • 土壌に急激な変化を与える。
  • 土壌そのものに対する改善の効果は薄い。

化学肥料の種類

化学肥料には単肥や複合肥料をあわせると様々な種類がありますが、大まかな種類をあげておきます。

尿素

全体の46%が窒素でできた結晶のことです。化学肥料の中でも特に窒素分が多く、水に溶けやすい即効性の肥料です。安価なので、ガーデニングや家庭菜園などで広く使われています。単肥に分類されます。

硫黄

窒素を多く含む水に溶けやすい即効性の肥料です。尿素より窒素の含有量は少ないです。土壌を酸性に傾ける作用があります。単肥に分類されます。

過リン酸石灰

リン酸を主成分とする水に溶けやすい即効性の肥料です。単肥に分類されます。

配合肥料

2種以上の単肥を混合した肥料です。混合される肥料により効果は様々です。複合肥料に分類されます。

化成肥料

2種類以上の肥料(有機肥料もある)や単肥を化学的に加工して製造され、三要素のうち2つ以上の成分を含み、その合計量が15%以上の肥料のことです。複合肥料に分類されます。

配合肥料と化成肥料の違い
配合肥料は、単に単肥を混ぜ合わせただけですが、化成肥料は原料となる肥料を化学的に加工しているというところが違います。

液肥

液状になった肥料です。一般的に液体肥料(液肥)を水で希釈して使用します。普段の水やりとして追肥ができ、いち早く根から吸収させることができる即効性の肥料です。商品により含まれている成分が変わります。

最後に

有機肥料と化学肥料はそれぞれに長所と短所があります。

それぞれの性質を理解した上で、用途に合わせて肥料を選択していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です