アクアリウムのおすすめグッズはこちら!

「ads.txt」ファイルの設置方法と文字コードについて

ads.txtの設置方法と文字コードについて

アドセンスの管理画面で「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」と表示された場合の設置方法と文字コードについてまとめておきます。

参考になれば幸いです。

何もしてないのに表示されても「ads.txt」って何?知らないんだけど。収益に重大な影響!?って焦りました。

結論から言うと、何もしてないからこそ出る警告のようですね。

ads.txtとは

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

とアドセンスのヘルプに書いてありましたが、まとめると、、

このサイトは、この広告販売者(例えばアドセンス)に認定されて広告を出していますよ。と表記するペットボトルのお茶の裏面のラベルみたいなものらしいです。

サイトの信頼性をより高めるためには、必要の作業のようです。

ads.txtの設置方法

実際に僕が行ってアドセンスの通知を解消した手順を紹介します。

「ads.txt」ファイルを新規作成

アドセンスの場合は、メモ帳やTeraPadなど、テキストエディタを開き、下記のコードを1行追加します。

  • google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

テキストエディタに1行追加する

ここまで作成したものは、このボタンからダウンロード可能してもらえますよ

「ads.txt」をダウンロードする

アドセンスの運営者IDに置き換え

pub-0000000000000000の青文字(数字)部分を自分の運営者IDに置き換えます。

アドセンスの場合、「支払い」項目にある「設定」で自分の運営者IDが確認できます。

文字コードは「UTF-8」か「UTF-8N」

新規作成し、コードを追加したエディタの内容を名前を付けて保存します。

この時、ファイル名を「ads」、文字コードを「UTF-8」か「UTF-8N」と指定します。(.txtは自動で付与されるので、入力の必要はありません。非表示設定の場合は表示されませんがそのままで構いません。)

adsファイルの文字コードを指定する

  • メモ帳なら、「名前を付けて保存」ダイアログ下部にある「文字コード」を「UTF-8」に設定して保存しましょう。
  • TeraPadの場合は、「ファイル」タブから「文字/改行コード指定保存」で「UTF-8N」を指定しましょう。

僕の場合は文字コードの指定が簡単なTeraPadで作成したので「UTF-8N」を指定しました。

ドメインのルートレベルに「ads.txt」を設置する

次に、作成した「ads.txt」ファイルをサーバーにアップロードします。

僕はエックスサーバーにアップロードしましたが、基本的にWordPressでは同じ設定で可能と思います。

FTPソフトを使用して、ドメイン配下の「public_html」直下に「ads.txt」をアップロードしましょう。

public_html直下に保存する

以上で、「ads.txt」の設置は完了です。

しばらく待つと、アドセンスの管理画面のメッセージから「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」がなくなります。

文字コードが「UTF-8」にならない

追加した「ads.txt」が正常の読み込めるか確認できるサイトがあります。

参考 ads.txtの読み込みチェックDataSign FE

こちらの画面で、自分のドメインのads.txtのURLを入力してチェックしてみましょう。

ads.txtの読み込みチェック

入力後に、「チェック」ボタンをクリックすると、正常に読み込めるかの確認結果が表示されます。

結果画面にて、下記の注意が表示されていると文字コードが「UTF-8」で読み込めていません。

これが出ているとダメ
“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

FireFoxを導入しているのであれば、「ads.txt」のページ上で右クリック「ページの情報を表示」をクリックすると、「テキストエンコーディング:Shift_JIS」となっているはずです。

.htaccessに追記する

このような場合は、.htaccessに書きのコードを追記しましょう。

コード
<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

このコードを追記してから、再度チェックを行うとメッセージがなくなり、正常に読み込めているのが確認できます。

アドセンスアカウントが2つ以上ある場合は

サイトに掲載する広告のアドセンスのアカウントが2つ以上ある場合は、1行ずつ追記すればOKのようです。

広告のアカウントが2つ以上ある場合

最後に

以上が、WordPressのブログで「ads.txt」の設置と文字コードについてのまとめでした。

収益がほぼない状態では、このメッセージは表示されていなかったので、ある程度収益が出始めたからこその、嬉しい悲鳴かもしれません。

上記の手順でサクッと解決して、心配になってくる赤色のメッセージをなくしましょう。

また、サイトの信頼性を上げることは、得はあっても損はないので、しっかりと設定しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です