アクアリウムのおすすめグッズはこちら!

【解決】ホームビデオの動画をiPhoneやiPadのカメラロールに保存する方法

ホームビデオからカメラロールに保存する方法

ビデオカメラで撮影してPCで編集した動画をiPadのカメラロールに保存するのに少し苦労したので、まとめておきました。

PCからiPhoneやiPadにiTunes経由で動画を保存すると、自動的にホームビデオに保存され、カメラロールで表示することができません。

ホームビデオにあると動画編集ができなかったりクラウドにアップロードできなかったりと何かと不便です。

PCからiPhoneやiPadのカメラロールに保存する方法

ホームビデオからiPhoneやiPadのカメラロールに保存するため、PCにある動画を使用します。(ホームビデオにあるということは、PCに元となる動画があるはずです。)

簡単に言うと、PC→クラウドサービス→iPhoneやiPadという流れで動画を保存します。

クラウドサービスに保存

まずは、PCからクラウドサービスに動画を保存します。

代表的なものをまとめておきましたので、下記のいずれかのクラウドサービスにログインします。

MEMO
ログインするためのアカウント名(アドレス)とパスワードは必ず控えておきましょう。

代表的なクラウド

個人的なおすすめは、シンプルで分かりやすいので、OneDriveです。また、GoogleフォトはPCで動画をアップするとうまくいかないことが多いです。

ログインできたら、PCにある動画をアップロードしましょう。(ここからはOneDriveの画面で説明していきます。)

動画をドラッグアンドドロップするか、「アップロード」ボタンを押してアップロードします。

動画をアップロードする

これで、動画のアップロードは完了です。

iPhoneやiPadでダウンロード

PCから動画をアップロードできたら、iPhoneやiPadでクラウドサービスにログインします。

AppStoreからクラウドサービスのアプリをダウンロードしましょう。

Microsoft OneDrive

Microsoft OneDrive

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

ダウンロードできたら、PCと同じアカウントでログインします。

OneDriveの場合は、このような画面が表示されるので、PCでログイン時に控えたアカウントとパスワードでログインしましょう。

OneDriveにログイン

ログインできたら、PCから保存した動画の右側にあるメニュー項目をタップし、表示されたメニューから「ダウンロード」をクリックします。

動画をダウンロードする

ダウンロードしています…」→「ビデオを保存しました。」と表示されればダウンロード完了です。

iPhoneやiPadのカメラロールに保存されていることを確認しましょう。

ホームビデオからカメラロールに保存する方法

PCに動画があれば、上記の手順でカメラロールに保存することができましたが、iPhoneやiPadにホームビデオとして保存されている動画をカメラロールに保存するには、「ビデオ2カメラロール」というアプリを使用すると簡単に保存できます。

MEMO
ただし、無料版ではカメラロールに保存した動画の右下にビデオ2カメラロールのアイコンが表示されてしまいます。
ビデオ2カメラロール -ホームビデオ動画をカメラロールに保存

ビデオ2カメラロール -ホームビデオ動画をカメラロールに保存

TAIKI HIRATA無料posted withアプリーチ

インストールが完了したら「ビデオ2カメラロール」を開きましょう。

メディアへのアクセスを求めています。」関連のメッセージが表示されたら、「OK」を押して許可しましょう。

ホームビデオにある動画が一覧で表示されるので、カメラロールに保存したい動画をタップします。

カメラロールに保存したい動画をタップ

動画の再生画面になるので、右下に表示されている「カメラロールに保存」をタップすると、カメラロールへの保存が開始されます。

カメラロールに保存をタップする

保存が完了すれば、「成功」と表示され、カメラロールに動画が保存されています。

最後に

以上で、PCからiPhoneやiPadのホームビデオではなく、カメラロールに保存する方法を紹介しました。

無料でカメラロールに保存する場合は、PCから動画を保存することができればアイコンが入ることなく、iphoneやiPadに保存することができます。

クラウドサービスはファイルを共有する上でかなり便利なので、使いやすいサービスを見つけておくのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です